胡蝶蘭 値段 (価格)

知ってて良かった、胡蝶蘭のシーンと値段(相場価格)

企業における贈答の慣習として定着した胡蝶蘭ではありますが、正直言って時々もったいない失敗例を見かけることがあります。
それは多分、贈ること自体に気疲れして、大事なお祝いの重さと取引関係の重さを見誤ってしまったからではないかと、想像されます。
せっかく舞い込んだ企業取引の好機なのですから、万が一の失敗を回避し、なんとしても先様に好印象を与えて高得点を勝ち取らねばなりません。
そのためには、お祝い事のシーン別に胡蝶蘭の値段(相場価格)を知っておくことが大切になります。

祝賀の贈り物の主役、胡蝶蘭

企業間のお祝い事にはもちろん、個人的な記念日にも最近は非常に多く利用されるようになった、贈答品としての大小さまざまな胡蝶蘭。
繁華街をちょっと歩いてみても、新しくオープンした商店の出入り口や、新築ビルのホールなどで複数の列をなして並ぶ胡蝶蘭を、見かけるようになりました。
それぞれの胡蝶蘭には、いかにもといった風情で贈り主の名前(ほとんどが会社名)が書かれた木札が掲げられ、祝賀ムードがいやがうえにも高まって思わず建物内に吸い込まれてしまいそう。
今や胡蝶蘭こそが、お祝いの贈り物として主役に躍り出た感があります。
なぜ、このごろの日本の贈答習慣として、開店や移転、選挙の当選などのお祝いに、これほど胡蝶蘭の贈り合いが普及したのでしょうか。

半端ない高級感とフォーマル感

怒濤の文明開化が押し寄せた明治時代初期、華やかで憧れとなる舶来の装飾品や洋装品とともに日本に初上陸した胡蝶蘭は、以来150年間にわたり品格ある高雅な花として、貴ばれてきました。
かつては、値段を考えただけでも高位な人々しか目にすることのない高級蘭であり、その豪奢な高貴さが創り出す雰囲気と価値とは、今に至っても変わることなく連綿と受け継がれてきたのです。
このように、価値観がどっしりと根付いていることから、値段(実質価格)が安定してブレがなく、高級感とフォーマル感が認知されていることが、胡蝶蘭普及原因の第一にあげられます。
企業や団体をはじめ公衆に知られやすい立場の方々にとって、高級感とフォーマル感はもっとも頼りになる精神の安定剤と言えますから。

際立つ外観、長い観賞期間、縁起の良い花言葉

もちろん華やかさが際立つ外観と、満開の開花期が50日前後つづく長い観賞期間も、大きな魅力となっていることは確実です。
また、花言葉が「幸福が飛んでくる」ということから、大変縁起の良い贈り物であると言い伝わっていることも、大きな力となっていることでしょう。
さらに、贈って落胆されたり迷惑がられたりすることが、もっとも少ない贈答品と言われていることも、選ばれる理由に大きく貢献していると思われます。

こんなはずじゃなかった! 相場価格を知らなかったために起きた悲劇も

しかし…、何事についても言えることですが、特に胡蝶蘭においては贈れば良いというものではありません。
中でも、企業様が企業様にお祝いとして贈るときは、細大漏らさぬ注意が必要です。
お届け日はベストの日になっているか、お届け場所に勘違いはないか、宛名に失礼な誤字はないかなどももちろん大切ですが、それ以上に決定的なことがその場にふさわしい胡蝶蘭を選んでいるかということです。
お祝いの内容や、先方と当方の関係性や、贈るものに込めた意気ごみなどによって、どの程度の胡蝶蘭を贈るべきなのかの相場観を理解しておかないと、思わぬ恥をかいたりしかねません。
いいえ、恥をかくことで済むのでしたら、自分自身さえしっかりしていれば、まだ耐え忍ぶことが可能かもしれません。
ですが、競合企業の胡蝶蘭と並べ置かれて、明らかに見劣りしていた場合などは、先様の心象に与える影響が気がかりで贈答したこと自体を後悔する羽目に陥ることさえ考えられます。
会社の将来に良かれと思っての贈答が、むしろ足を引っ張る結果になるなんて悪夢は、絶対にあってはならないことです。

シーンに最適な胡蝶蘭で先様の好印象を鷲づかみ

そのようなマイナスの汚点を残すことなく、めぐり来た好機に確実なプラスの得点を勝ち取るため、お祝い事のシーン別に胡蝶蘭の値段(相場価格)を知っておきましょう。

シーン別に見る胡蝶蘭の値段(相場価格)

祝い事の種類 企業間の関係 意気ごみ 相場価格
移転祝い 一般的取引関係 平常心で臨む 1~3万円
開店祝い 勝負に出る 3~5万円
周年祝い 緊密な取引関係 平常心で臨む 3~5万円
上場祝い 勝負に出る 5万円以上
就任祝い 一般的取引関係 平常心で臨む 1~2万円
栄転祝い 勝負に出る 2~4万円
受賞祝い 緊密な取引関係 平常心で臨む 2~4万円
誕生祝い 勝負に出る 4万円以上
※祝い事の種類、企業間の関係に関わらず、思い入れが本当に強いときは上限がありません。

値段(相場価格)別に見るおすすめ胡蝶蘭の種類

価格別商品一覧ページはこちら
相場価格 種類 株の立ち数と色 税抜価格
1万円~ ミディ胡蝶蘭 3本立ホワイト 10,000円
ミディ胡蝶蘭 3本立ピンク 11,000円
手持ち胡蝶蘭 3本立Lホワイト 14,900円
手持ち胡蝶蘭 3本立Lピンク 14,900円
手持ち胡蝶蘭 3本立Lリップ 14,900円
ミディ胡蝶蘭 5本立ホワイト 16,500円
クラシック胡蝶蘭 3本立ホワイト 18,000円
クラシック胡蝶蘭 3本立ピンク 18,000円
手持ち胡蝶蘭 3本立2Lホワイト 19,800円
手持ち胡蝶蘭 3本立2Lピンク 19,800円
手持ち胡蝶蘭 3本立2Lリップ 19,800円
2万円~ クラシック胡蝶蘭 5本立ホワイト 24,500円
キャンディ胡蝶蘭 3本立ピンク 24,500円
手持ち胡蝶蘭 3本立2L紅白 24,700円
手持ち胡蝶蘭 3本立3Lホワイト 24,700円
手持ち胡蝶蘭 3本立3Lピンク 24,700円
手持ち胡蝶蘭 3本立3Lリップ 24,700円
キャンディ胡蝶蘭 3本立リップ 27,000円
ベストセレクト胡蝶蘭 3本立ホワイト 27,500円
ベストセレクト胡蝶蘭 3本立紅白(紅2白1) 27,500円
ベストセレクト胡蝶蘭 3本立紅白(紅1白2) 27,500円
アンナ胡蝶蘭 5本立ピンク 28,000円
手持ち胡蝶蘭 3本立4Lホワイト 29,800円
手持ち胡蝶蘭 3本立4Lピンク 29,800円
手持ち胡蝶蘭 3本立4Lリップ 29,800円
3万円~ オーディン胡蝶蘭 3本立ホワイト 32,000円
オーディン胡蝶蘭 3本立ピンク 32,000円
オーディン胡蝶蘭 3本立リップ 32,000円
モアナ胡蝶蘭 3本立ピンク 33,000円
モアナ胡蝶蘭 3本立リップ 33,000円
手持ち胡蝶蘭 3本立5Lホワイト 33,950円
手持ち胡蝶蘭 5本立2Lホワイト 33,950円
手持ち胡蝶蘭 5本立2Lピンク 33,950円
手持ち胡蝶蘭 5本立2Lリップ 33,950円
4万円~ ベストセレクト胡蝶蘭 5本立ホワイト 40,000円
ベストセレクト胡蝶蘭 5本立紅白(紅3白2) 40,000円
ベストセレクト胡蝶蘭 5本立紅白(紅2白3) 40,000円
キャンディ胡蝶蘭 5本立ピンク 40,000円
キャンディ胡蝶蘭 5本立リップ 41,000円
キャンディ胡蝶蘭 5本立イエロー 42,000円
手持ち胡蝶蘭 5本立3Lホワイト 43,700円
手持ち胡蝶蘭 5本立4Lホワイト 48,300円
手持ち胡蝶蘭 5本立4Lピンク 48,300円
手持ち胡蝶蘭 5本立4Lリップ 48,300円
5万円~ オーディン胡蝶蘭 5本立ホワイト 51,000円
モアナ胡蝶蘭 5本立ピンク 51,000円
モアナ胡蝶蘭 5本立リップ 51,000円
手持ち胡蝶蘭 5本立4L紅白 52,400円
手持ち胡蝶蘭 5本立5Lホワイト 52,400円
手持ち胡蝶蘭 5本立5Lピンク 52,400円
手持ち胡蝶蘭 7本立4Lホワイト 70,000円
ベストセレクト胡蝶蘭 8本立ホワイト 77,000円
手持ち胡蝶蘭 8本立4Lホワイト 80,000円
ベストセレクト胡蝶蘭 10本立ホワイト 97,000円
オーディン胡蝶蘭 8本立ホワイト 99,000円
手持ち胡蝶蘭 10本立4Lホワイト 100,000円
オーディン胡蝶蘭 10本立ホワイト 143,000円
オーディン胡蝶蘭 10本立ピンク 143,000円
オーディン胡蝶蘭 15本立ホワイト 219,000円
オーディン胡蝶蘭 17本立ホワイト 249,000円
オーディン胡蝶蘭 17本立ピンク 249,000円
オーディン胡蝶蘭 20本立ホワイト 299,000円
オーディン胡蝶蘭 20本立ピンク 299,000円
オーディン胡蝶蘭 20本立紅白 299,000円
オーディン胡蝶蘭 30本立ホワイト 449,000円
オーディン胡蝶蘭 30本立紅白 449,000円

※お祝い事に対する胡蝶蘭の贈答は、原則早いほどよろしいです。
もっとも、お祝いの日がずっと先の話であったり、移転や開店など日にちがきっかり決まった日の場合は、当然この限りではありません。
開店・開業等は前日、移転や人事関系等は当日または翌日、が一般的です。
また、新築・落成・移転など建物に関係するお祝いには火災をイメージさせるため、開店・開業・開院など事業に関するお祝いには赤字をイメージさせるため、赤やピンクは避けたほうが無難でしょう。

価格別商品一覧ページはこちら